ゲームス
チェック: 235|返信: 0
プリント 前のテーマ 次のテーマ

知ってますか?江戸時代の日本人片腕をストライドレッ...

[リンクをコピー]

41

主题

43

帖子

233

积分

中級

Rank: 3Rank: 3

积分
233
ライフアフター攻略
ゲーム内の名前: 知ってますか?江戸時代の日本人片腕をストライドレッグで振りながら歩く!
アカウントID: 265868254187
サーバー: 砂石の城



秋といえば「…の秋」(️️の秋)日本人はどんな活動を考えていますか?slotxo 現代では、人間は右足を踏んだり、左腕を振ったりするなど、反対側を歩いたり腕を振ったりします。左足を踏み、右腕を振ります。誰もがすでに知っている人間の通常の性質はどれですかしかし、あなたはそれを知っていますか?江戸時代の日本人は不自然な歩き方をすることが多く、非常に歩きにくかった。

難波ウォーキング
はい!江戸時代の日本人は、右足を踏んだり、右腕を振ったり、足と同じ腕を持ってさまよっていることが多かった。左足を踏み、左腕を振ります。または、理解するための別の簡単な例を挙げてください。つまり、タイ風の木製のボウルの上を歩くのと同じ歩行方法です。江戸時代にこのように歩くことは「なんんば」と呼ばれ、歌舞伎公演の六方と同じ動きでした。



ロッポのように歩く例エクササイズクリップから、歌舞伎風。

そして、なぜ日本人はこのように歩くのですか?江戸時代の人々の服装から推測することができます。その時代にほとんどの日本人は民族衣装を着ます。日本の服では、着物の腰の周りに常に「帯」または帯があります。帯がきつくなると、着用者が普通に歩くのが難しくなります。また、腰に刀を持たなければならない場合もあり、歩きにくくなります。その結果、「歩く難波」は問題を解決し、歩きやすくします。

しかし、明治時代に入ってから、西洋文化はますます日本に広まりました。その結果、難波式の散歩は今まで通常の散歩に戻りました

返信

道具を使う 通報

コメントを入力するには、ログインが必要です。 ログイン | 新規作成

ポイントについて

快速回復 トップに戻る リストに戻る